FC2ブログ

急降下をするヒヨドリ

181009ヒヨドリ_045  
急降下するヒヨドリ

 

ヒヨドリが海を渡るとき、ハヤブサからの攻撃を防ぐために海面すれすれに飛んで行くことは、前回のブログで書きました。今日の写真は、ヒヨドリが海面すれすれに飛んでいくために、上空から急降下しているところです。木の葉が散るように急降下します。それも数百羽のヒヨドリが一斉にするので迫力があります。あっという間の出来事です。


ヒヨドリの渡り

181009ヒヨドリ_186  
ヒヨドリの渡り

 

彦島の先端にある森からヒヨドリが海に飛び出して行きます。しかし、危険を察知するとこの森に逃げ帰ります。そして、また飛び出して行きます。これを数回繰り返すうちに、後から到達したヒヨドリの群れと合体し、群れが大きく膨らみます。目測ですが、大きな群れになると千羽近くになります。そうするとシャッターチャンスが出て来ます。


ヒヨドリの渡り

181009ヒヨドリ_086  
ヒヨドリの渡り

 

ヒヨドリは、海を渡るときは群れになり海面すれすれに飛んで行きます。彼らが一番恐れているのは、ハヤブサの攻撃です。ハヤブサは、ヒヨドリの群れを狙って突っ込んで行きます。そして、群れから離れたものを狙い、狩りをします。そのハヤブサからの攻撃を防ぐためにヒヨドリは海面すれすれに飛んで行きます。そうすることで、簡単にはヒヨドリの群れに突っ込んで行くことができません。一歩間違えればハヤブサは海に落ちてしまいます。ヒヨドリが海面すれすれに飛んで行くのは、身を守る知恵なのです。ヒヨドリの海峡の渡りは、ヒヨドリも命がけ、ハヤブサも命がけ、そこにドラマが生まれます。そんな生き生きとした自然の営みに引き付けられ、毎年ヒヨドリの渡りの撮影に行っています。


ヒヨドリの渡り

181009ヒヨドリ_161  
ヒヨドリの渡り

 

野鳥写真から遠ざかっていましたので、少し前になりますが10月9日(火)に撮影したヒヨドリの渡りを掲載します。撮影に行ったのは、山口県下関市の彦島です。10月中旬になると、関門海峡を渡るヒヨドリを見ることができます。本州から九州に入ってい来るヒヨドリの群れです。上の写真で工場地帯が見えるところが、北九州市です。数を数えたことはありませんが、数百羽はいるのではないかと思われます。たくさん渡って行くので見ごたえがあります。


財蔵坊

181105財蔵坊_006  
財蔵坊

 

英彦山の表参道の銅鳥居(かねのとりい)から少し階段を登って行くと、左手に財蔵坊があります。英彦山の修験者が過ごしていた所で、現在は一般公開されています。藁ぶき屋根で、古民家を思わせ、静かな佇まいです。私が訪ねたときは、早朝だったため開館はしていませんでしたが、庭にお邪魔し、縁側に咲いていたツワブキを撮らさせてもらいました。静かな佇まいにぴったりの花で心を惹かれました。本日、撮影した写真ではありません。

英彦山の紅葉

181105紅葉_014  
イチョウ

 

英彦山の参道にある銅鳥居(かねのとりい)。イチョウが、鮮やかな黄色になっています。イチョウの葉が散った時も良いだろうなと思っています。本日撮影したものではありません。


英彦山の紅葉

181102紅葉_013  
紅葉

 

真っ赤に紅葉した紅葉を撮ってみました。手入れされたもみじではなく、雑木林にあったもみじです。本日撮影したものではありません。


プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム