ノビタキ

171019ノビタキ_004  
ノビタキ

 

北部九州では、10月中旬になると移動途中のノビタキが田んぼや河川敷などで見られるようになります。この場所には定着せずに、1~2週間程度するとまた次の場所へ移動します。このような鳥を旅鳥(たびどり)と言っています。秋になるとノビタキが田んぼにやって来るのを楽しみにしています。夏、ノビタキは北海道などで繁殖します。今年の夏、北海道で撮影しました。北海道にいたノビタキが、ここまで移動してきたのかと思うと愛着がわきます。それと同時に、こんな小さな野鳥が、どうしてそんなに長い距離旅ができるのか、驚いてしまいます。そして、自然の不思議さと野鳥の生命力を感じます。


秋ついり

171015紅葉初め_010  
秋ついり

 

北部九州は、10月12日から雨が続いています。少しですが今朝も雨が降りました。午後から時折雲の合間から日差しが差しました。久しぶりに太陽を見ました。今晩から、台風の影響もあり再び雨が降るかもしれません。まるで、梅雨のような天候です。秋雨前線が停滞し雨を降らせています。秋に梅雨のような天候を秋ついりと言うそうです。そんな雨を撮ってみました。本日撮影した写真ではありません。


ヒヨドリ02

171010ヒヨドリ_027  
ヒヨドリ

 

ヒヨドリは海の上を大群をなして渡って行きます。


コスモス02

171004コスモス_041  
コスモス

 

私が水巻町の遠賀川河川敷を訪ねたが10月4日(水)でした。その時の全体的な印象が上の写真です。奥の方に見える橋は、河口付近にかかっている芦屋の橋です。写真を仕上げるときに、今回は明瞭度を落としてみました。普段は明瞭度を上げて仕上げる場合が多いのです。明瞭度を上げたり、シャープをかけたりすると、コスモスの細かい茎や葉がはっきりとし、少しうるさく感じたので、下げてみました。私は、市川ソフトのシルキーピックスという現像ソフトを使っていますが、最新のものは、この明瞭度が追加されました。

ヒガンバナ

170921ヒガンバナ_006  
ヒガンバナ

 

遅ればせながらヒガンバナをアップします。タカ渡りに夢中になっていたら、いつの間にかお彼岸を過ぎてしまいました。英彦山の麓、落合や深倉では今年の北部九州豪雨で被害が出てしまいました。しかし、この棚田ではいつもの年のようにヒガンバナが咲いていました。群生していることが、なんとなく分かるように画面構成をしてみました。


PM2.5

1709019アカハラダカ_008  
アカハラダカ

 

1日目の撮影が終わり、明日の天気予報は晴れでした。それで明日の朝は大きな渡りが見られるのではないかと期待が膨らみました。ところが、朝、ガスがかかり天候はよくありませんでした。霧ならば、遅くても午前中で晴れるだろうと思っていましたが、いっこうに晴れてきません。どんよりとした天候で視界が悪く、アカハラダカの観察には大変悪い状況でした。午後になっても晴れて来ませんでしたので、とうとう早く帰ることにしました。自宅に帰って天気予報を見ると、PM2.5が観測されたのことでした。それで、一日中視界が悪かったのです。PM2.5は、超望遠撮影では大敵です。空気が圧縮されたように映るので、鮮明な画像は得にくいです。上の画像はそのような状況で撮影したものです。かすんだようになるので、現像の時にコントラストを上げて霞をとろうとしましたが、無理でした。今日は絶好のチャンスと臨みましたが、残念な結果になりました。天候は、なかなか思うようにはいかないものです。


ひまわり02

170818ヒマワリ_028  
ひまわり

 

天候が良く、青空が美しかったので、背景に取り入れてみました。定番ですがひまわりを真正面から捉え、ど真ん中に入れてみました。「ひまわりは、なぜ東をむくのか」という新書版を読んだことがありましたが、すっかり中身は忘れてしまいました。やはり黄色はビタミンカラーといて元気がでます。

プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム