FC2ブログ

ミサゴ

191111ミサゴ_034  
ミサゴ

 

このシーンが、水面から飛び上がって来たところです。もし、このシーンが正面から撮れたとしたら迫力あるものになります。本日撮影したものではありません。周囲をトリミングし、画面を整えています。


ミサゴ

191111ミサゴ_019  
ミサゴ

 

遠賀川河口にミサゴを撮影に行きました。この場所では、西風が良いと言われています。ミサゴは、魚を捕った後、水面を上がって来ます。その時、風上に向かって上がって来ます。この場所では、西風が吹くとミサゴが正面から撮影できます。しかし、計算通りに思ったようにいかないのがこの世界です。本日撮影したものではありません。周囲をトリミングをし画面を整えました。

冬の使者ジョウビタキ

191105ジョウビタキ_006  
ジョウビタキ

 

冬の訪れを知らせてくれるジョウビタキが北部九州にもやって来ました。到着から約3週間ほどたち、ほぼ縄張りも決まったようです。季節感を出すために桜の紅葉を画面に取り込んでみました。本日撮影した写真ではありません。周りをややトリミングしました。


ヒヨドリの渡り

191020ヒヨドリ_073  
ヒヨドリ

 

ハヤブサからの攻撃がなければ上空を飛んで北九州方面に渡って行きます。


ヒヨドリの渡り

191020ヒヨドリ_009  
ハヤブサ

 

時には、ハヤブサに襲われることもあります。ヒヨドリの上にいるのがハヤブサ。ヒヨドリは急いで岸に引き返しています。ハヤブサも命がけ、ヒヨドリも命がけ。上の写真は、本日撮影したものではありません。大きくトリミングをしました。


ヒヨドリの渡り

191020ヒヨドリ_017  
ヒヨドリ

 

森から飛び出したヒヨドリは、対岸を目指して飛んで行くのですが、途中、危険を感じると急降下をします。そして、海面すれすれに飛んで行きます。それは、先日に書いたようにハヤブサからの攻撃を防ぐためです。上の写真は本日撮影したものではありません。





ヒヨドリの渡り

191020ヒヨドリ_063  
ヒヨドリ

 

海峡に突き出した森にヒヨドリが集まり、そして大群となって飛び出します。時には、写真のような形になることもあります。対岸の北九州市を目指します。数日雨が続くと渡りが出来ずにヒヨドリが森にたまります。雨が上がった日は、たまったヒヨドリが一斉に飛び出すので大群になります。


プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム