マナヅルの渡り

180214マナヅル_006  
マナヅル

 

昨日の夕方、鹿児島県の行人岳から無事に帰ってきました。2月14日はよく晴れたためマナヅルの北帰行が見られました。約1000羽が渡っていったそうです。上の写真は、長島の行人岳から撮影したものです。北帰行という感動したしたシーンを伝えられる写真が、残念ながら1枚も撮ることができませんでした。たくさんのマナヅルが渡って行きましたが、何しろ行人岳からは遠すぎました。おまけに、ガスがかかり鮮明さに欠けました。500ミリのレンズを使ったため、余計に霞が強調されました。楽しみに待っておられた方に、大変申し訳ありませんが、これが精いっぱいの写真です。「また、秋には帰って来いよ。待ってるぞ」


オシドリ

180205オシドリ_019  
オシドリ

 

飯塚では、昨日からよく雪が降りました。平地でも約15cmの積雪がありました。雪が降ったらオシドリの撮影をしてみようと思っていました。それで、近くの池に行ってみました。車の中から撮影しましたが、警戒されなかなか近くに寄ってくれず苦労しています。


マガモ

180124マガモ_007  
マガモ

 

1月24日(水)雪が降った日、近くの池にも行ってみました。池でしばらく待っていると、断続的に雪が降り出してきました。それまでは、なんともしれない普通の景色でしたが、雪が降り出すと急変し素晴らしい景色になりました。とても静かな池でした。


トラツグミ

180124トラツグミ_002  
トラツグミ

 

1月24日(水)は、北部九州でもかなり雪が降りました。最低気温は-3度でした。厳しい寒波でした。雪が降ったので、近くの公園に出かけ、野鳥を探しました。なんとトラツグミと出会うことができました。ニコン1V3で撮りました。この時は、よく動いてくれたのですが、今日、このカメラで撮影しようとすると、オートフォーカスが働きません。どうも、どこか接触が悪いようです。


ホシハジロのメス

180112ホシハジロ_005  
ホシハジロのメス

 

こちらがホシハジロのメス。オスに比べずいぶん地味です。カモ類はみなそうですが、拡大して翅の模様を見ると美しいです。


ホシハジロ

180112ホシハジロ_008  
ホシハジロ

 

2018年、初めてのブログを更新します。ずいぶん長い間更新できずにいました。カメラ教室の準備や八木山小学校バードウォッチンの準備、さらにおとな自然講座の準備などにおおわれ、今まで更新できませんでした。心配されていた方もおられたと思いますが、野村は元気に活動しています。さて、久しぶりに近くの池で、ホシハジロを撮ることができました。ちょうどスポットライトが当たったようになったところを狙ってみました。


稲とノビタキ

171019ノビタキ_008  
ノビタキ

 

北部九州にノビタキがやって来るのは10月中旬です。この時期、田んぼでは稲刈りが始まっています。稲刈りがすでに終わってしまったところもあれば、今からのところもあります。ノビタキがやって来る時の季節感を表すのには、稲はうってつけの被写体です。それで、稲とノビタキを狙ってみました。偶然に飛んでいるところが撮れました。上の写真は、周囲をトリミングをしています。本日撮影した写真ではありません。


プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム