FC2ブログ

アオバズク

190619アオバズク_004  
アオバズク

 

アオバズクは、フクロウの仲間です。だから、夜行性なので昼間はあまり活動しません。私が撮影に行ったところも、昼だったのでほとんど同じ枝に止まり動きませんでした。動いたとしてもほんのわずかでした。よく観察していると、動きはしませんが色々な表情をします。フクロウ類は、人間と同じで目が前についています。だから、表情が豊かです。良い表情をした時にシャッターを切ってみました。本日撮影したものではありません。ほんのわずかトリミングをしました。


ヨシゴイ

190621ヨシゴイ_001  
ヨシゴイ

 

ヨシゴイは、サギの仲間です。サギの中でも最も小さい。体が軽いのでしょうか、葦の上に止まることもできるようです。近づいてくれなくて、なかなか思うように撮れません。上の写真は、周りをトリミングしています。もう少し粘って撮ってみようと思います。本日撮影した写真ではありません。

オオヨシキリ

190527オオヨシキリ_009  
オオヨシキリ

 

葦原の住むオオヨシキリを撮りました。葦原での撮影は、結構手ごわいです。葦が込み合っているため、どうしても鳥と葦が重なってしまい、鳥の姿をはっきりとらえられないからです。葦と鳥が重ならない位置に来るまで、待って撮影しました。


野鳥撮影

190515ミソサザイ_001  
ミソサザイ

 

5月に入り野鳥撮影には良い時期になりました。キビタキの撮影に挑戦していますが、なかなか撮れなくて苦労しています。それでも何とかミソサザイを撮ることができました。切り株の上でさえずってくれました。良い撮影場所を探し出すのに手間暇がかかります。


ヒガラ

190419ヒガラ_002  
ヒガラ

 

ヒガラは、シジュウカラによく似ていますが、ひと回り小さいです。それにシジュウカラは喉から胸にかけて黒い縦線が入ります。ネクタイをしているように見えます。でもヒガラには、そのネクタイがありませんので見分けることができます。紅葉の花を食べに来ました。本日撮影した写真ではありません。周囲をトリミングしています。

リュウキュウサンショウクイ

190416リュウキュウサンショ_004  
リュウキュウサンショウクイ

 

最近、リュウキュウサンショウクイとの出会いが多くなってきました。北部九州では、数を増やしているような気がするのですが。桜の木に止まったところを撮りました。上の写真は、本日撮影したものではありません。写真の周囲をトリミングしています。


シジュウカラ

190419シジュウカラ_001  
シジュウカラ

 

もみじの新芽が美しい。そこにシジュウカラがやって来ました。


プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム