英彦山の雪景色3

180208英彦山_061  
ブナ

 

英彦山の頂上にあるブナの大木。こちらも枝に着いた雪が太陽の光を浴び、輝いていました。太陽を入れ、インパクトが出るようにしてみました。
明日から、鹿児島県の出水にツルの渡りの撮影に出かけます。16日(金)の夕方帰宅予定です。道の駅 長島 で車中泊の予定です。天候が心配ですが、高気圧が張り出し晴天になることを期待をしています。この間、ブログがアップできませんので、ご了解をお願いします。帰ってきましたら、ツルの渡りの報告をしますので、再度アクセスをよろしくお願いします。


英彦山の雪景色2

180208英彦山_037  
モンスター

 

9合目あたりに登山道脇にモンスターが現れました。雪の重みでわずかに左側に傾いています。厳しい自然に耐えてるという感じがします。それにこの傾き加減が、斜面と絶妙なバランスをとっているように見えました。半逆光で手前に落ちた影もよいアクセントになってくれました。真白な雪に青い空、そしてキラキラ光る太陽。気持ちの良い山登りです。良い景色が目に飛び込んで来るたびに、リックを下ろしカメラを取り出す。なかなか前に進めません。山頂まで3時間もかかってしまいました。


英彦山の雪景色

180208英彦山_029  
雪花

 

昨日、英彦山の雪景色を撮影するために、頂上まで登りました。いつ行こうかと天気予報をにらめっこをしていました。私の狙いは、青空が見える雪景色です。寒波の後、強い高気圧が張り出してくるのを待っていました。それがちょうど昨日でした。青空バックにブナの枝に着いた雪を撮ってみました。8合目あたりに、登山道の脇に1本のブナが立っていました。なんだか細くて貧弱な幹のブナです。でも、その立ち姿が美しく感じました。まるで花瓶にさされた一輪挿しの美しさです。光が当たり雪が輝いていました。PLフィルターを使用しています。

彩雲

171228彩雲_001  
彩雲

 

昨日、いつものように大将陣から英彦山の日の出を撮影に出かけた。ところが、雲が厚く日の出は見ることができなかった。しばらく待っていると彩雲があらわれた。
今年も、残すところあと3日となりました。一年間、ブログにアクセスをしていただき大変感謝申し上げます。写真の内容が偏ったり、数日間更新できなかったりしましたが、皆様のおかげで何とか今年1年を終わることができました。来年も、ブログの更新をしていきますので、アクセスのほどよろしくお願いします。また、来年お会いしましょう。良い年をお迎え下さい。


英彦山からの日の出

171227日の出_015  
英彦山

 

一昨日と昨日は、曇りのため英彦山からの日の出は見ることができませんでしたが、今日は見ることができました。冬至を過ぎてしまったので、明日で大将陣からの日の出撮影は終わりにしなくては。


英彦山からの日の出

171223日の出_015  
英彦山

 

今日の英彦山からの日の出は、雲がやや多く稜線がはっきりと見えませんでした。雲があると変化に富んだ表情になりますが、多すぎると山が隠れたり日の出が見えなかったりします。雲一つない快晴は、日の出ははっきり見えますが、単調になってしまいます。風景写真は、気象条件が大きく作用するので、自分の思うようにはなかなかなりません。良いチャンスを待つしかありません。


英彦山からの日の出

171222日の出_032  
英彦山

 

今日の英彦山は、上空に雲が出ていました。おかげで変化に富んだ日の出の撮影ができました。この写真は、太陽が出てくる寸前です。太陽からの強い光線で光芒が出ました。天候によってその都度英彦山の表情が変わります。


プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム