数が増えるオオバン

オオバン_1003      

オオバン

ミコアイサを撮影していたら、オオバンが近くに寄って来たので撮影した。図鑑で調べてみるとバンは32センチ、オオバンは39センチでだった。名前通りバンよりも一回り大きい。オオバンの特徴はデコから嘴が白い。バンはこの部分が赤いので一目で見分けることができる。約20年前に探鳥を始めたのだが、そのころオオバンを見るのはある限られた場所だけだった。しかし、最近はどこでもみることができるようになった。私が住んでいる近くに久保白ダムというところがあるが、ここにはかなりの数のオオバンがいる。以前はほとんど見ることはできなかった。オオバンは数が増えているようだ。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ミコアイサの撮影再挑戦

ミコアイサ100b     

ミコアイサ

今日は、晴れという天気予報だったので、ミコアイサの撮影の再挑戦に出かけた。先日とは違った場所に行ってみた。ミコアイサは撮影することはできたが、今度は天候が今一だった。晴れという予報だったのでカモの撮影日和だと喜んでいたが、青空にはならなかった。うす雲が広がっていた。そのため、水面の色がでなかった。撮影条件を整えることが難しい。なお、上の写真は周りをトリミングしている。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

カモ撮影日より

     

今日は晴れたので、自宅から車で約40分の所にある、都会型の公園に行った。ここの池には昨年ミコアイサが来ていた。ミコアイサは全身が白く目の周りが黒いのでパンダガモなどと呼ばれている。ところが残念ながらいなかった。カモ類を撮影するには晴れの日が良い。カモの羽の色がよくでるからである。もう一つは、水の色が青くなるからである。水面は空の色が映る。曇りの日は、水面は白っぽくなってしまう。晴れの日は、水面は青くなる。青い水面の方が表情があるし、さわやかな印象を見る人に与えることができる。晴れの日に再度、カモ類の撮影に挑戦する。

復調

     

今日の夕方から体調も戻ってきた。久しぶりに畑に行き小松菜を収穫した。明日からは、朝の運動、ウォーキングやストレッチを再開する。

風邪でダウン

     

昨晩、38度2分の熱が出てダウン。今日は、休養をとった。先日、強風の中フィールドに3時間もたったままだったので、喉をやられた。

ライブビュー撮影

パンジー100a     

パンジー

ニコンD700でライブビューのテスト撮影を行った。デジタル一眼レフのピント合わせは、ファインダーを見ながらするようになっている。それを液晶画面を見ながらできるのがライブビューの機能だ。テスト撮影してみて、大変楽にピント合わせができることが分かった。今までの撮影では、特に接写はピント合わせが難しく、ピントの山をつかむのに、何度もいったりきたりして、やっとピントを合わせていた。ライブビューの場合、ピントを合わせたいところを拡大することができるので、厳密なピント合わせには都合が良い。ただし、動きのある被写体では使いづらいし、屋外の明るいところでは、液晶画面が見にくいので使いづらいだろう。今回のテスト撮影のように室内の接写では威力を発揮する。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

帰宅

     

昨晩帰宅した。2番目の孫の水ぼうそうは、思ったよりひどくなかった。兄の水ぼうそうがうつったのだろう。看病の手伝いが無事に終わり、今日から普段の生活に戻った。

プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム