うっとりしているマガモ

マガモ_1003のコピー   

マガモ

ここのところ、北部九州も天候が良かった。ポカポカと気持ちの良い気分をマガモで表してみた。このマガモのいる場所は、都会の中にある公園。人慣れしているので近付いても逃げない。だから70~300ミリのズームレンズで撮影することができた。このくらいのレンズで野鳥が撮影できたら理想的なんだが。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

早春を知らせるさえずり

ミソサザイ100a     

ミソサザイ

山にも春がやってきている。冬の間は、小鳥のさえずりをあまり聞くことがなかった。ところが、山にも小鳥のさえずりが戻ってきた。シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラなどの声を聞くことができた。なんと言っても山に早春を知らせる声はミソサザイである。体は小さいが声は大きいく、谷間に響きわたる。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

青空

寒桜とメジロ_1023      

寒桜とメジロ

北部九州もここ2・3日は、素晴らしい天気が続いている。日中は20度を超え、一挙に春めいてきた。こんな日は、青空を入れた写真が撮りたくなる。青空を入れるのなら、真っ青が良い。それの方がさわやかな感じがするし、気持ちが良い。真っ青な空を撮りたい時は、順光で撮るようにしている。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

マナヅルの北帰行

北帰行_1004      

北帰行

2月19日(金)から2泊3日で、マナヅルの北帰行を撮影するために出水に行っていた。撮影場所は、鹿児島県長島の行人岳。20日は367羽、21日は238羽が朝鮮半島を目指して渡って行った。マナヅルの北帰行は終盤を向かえた。写真は、行人岳付近で上昇気流をつかまえ、旋回しながら高度を上げているところだ。10月には、また日本に来て欲しいと願いながら、ツルたちを見送った。今度は、ナベヅルの北帰行が始まる。渡りのピークは3月20日前後である。そのころ、また、出水に行く予定にしている。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

英彦山山頂

英彦山山頂100a      

英彦山の山頂

今シーズン、英彦山の山頂を撮影していなかった。それで、山頂の撮影に挑戦したのだが、少し雪が少なかった。またまた撮り直し。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

偶然

寒桜とメジロ_1015    

メジロと寒桜

メジロがかわいくて再再度撮影に行った。今度は曇りの日を選んで撮影に行った。前回は、晴れの日だった。自宅で撮影した画像を確認したところ、メリハリはきいていたけれども、寒桜の色が一部分白く飛んでいて、色が十分出てなかった。桜だけではなくメジロも強い光があたっている部分は白くとんでいた。曇りの日は、光線が柔らかく光がまわるので、色は出やすい。そんな理由で雲りの日を選んで行った。寒桜は、ソメヨシノに比べ色が濃いが、淡い部分の色はよく出ている。何度も同じ場所に撮影に行くことによって、撮影の要領がわかり良いシャッターチャンスをつかめるようになる。今回は、メジロが寒桜の花の蜜を吸った後に、花の中にたまっていた雨粒が上から落ちて来た。その雨粒が写っている。狙って撮ったわけではないので、偶然と言える。写真には偶然が写り込むことがあり、それが効果を上げることがある。それも何度も通いたくさん撮ったからできたことだろう。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

同形

コクチョウ_1005     

コクチョウ

昨日と良く似た画像だが、狙いが違う。手前の鳥と奥の鳥が同じ形をしている。同じ形の物を画面に入れると、リズムが出てくる。この手法は、花が群生しているときによく用いられる。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム