カラスに追われるハチクマ

110927ハチクマ_10  

カラスに追われるハチクマ

関門海峡の上空にハチクマが来たとき、数羽のカラスがハチクマを追い始めた。ハチクマは、羽を広げると1メートル20センチにもなる。カラスよりはるかに大きい。どうもカラスには、領空に縄張り意識があるらしく、そこに入ってきたものは、追い出そうとしているようだ。ハチクマだけではなく、ハヤブサもカラスから追われているのを見たことがある。数羽のカラスの中の一羽が、必要以上にひつこくハチクマを追いかけまわしていた。ハチクマが旋回をし高度を上げていたが、それでも追いかけていた。いったいどこまで追いかけまわすのだろうと思ってみていた。さらに、ハチクマは旋回を続け高度を上げていった。ついに、カラスもあきらめた。カラスのお蔭で面白い写真が撮れた。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ハチクマ6

110927ハチクマ_29  

ハチクマ

夏雲を背景にハチクマを撮影した。ハチクマが渡りをするころは、夏と秋が綱引きををし、徐々に秋に向かっていくころである。夏の残りを感じさせる写真が撮れた。雲を背景にハチクマを撮ると普通は、黒くつぶれてしまう。光線の方向とハチクマの角度が良かったのだろう、ハチクマに光が当たり、上面と尾が黒くつぶれずに、模様が見える。ファインダーを覗きながら思わず「綺麗」とつぶやいた。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ハチクマ5

110927ハチクマ0b  

ハチクマ

関門海峡に巌流島(がんりゅうじま)というのがある。あの佐々木小次郎と宮本武蔵が戦ったところである。ハチクマの背景に写っている島が、その巌流島である。今は、公園のようになっているようだ。くちばしの一部分が黄色なので、幼鳥である。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ハチクマ4

110927ハチクマ0a  

ハチクマ

関門海峡の上空を飛んで来るハチクマを狙っているのだが、なかなか良いところを飛んでくれない。我慢の日が続いている。上の写真は、下関市街の上空をハチクマが旋回しているところである。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ハチクマ3

110925ハチクマ_03  

ハチクマの幼鳥

幼鳥については、アカハラダカのところでも書いたが、今年生まれたと鳥である。ハチクマも夏鳥で、繁殖のために日本に5月ごろ東南アジアから渡って来る。したがって、今年生まれたばかりのハチクマがいる。それが幼鳥である。ハチクマの幼鳥は、くちばしの一部分が黄色である。上の写真でもくちばしの一部分が黄色であることが分かる。成鳥は、くちばしが黒い。ハチクマの幼鳥にとっては、生まれて初めての渡りである。厳しい旅であるが無事に目的地に着いて欲しい。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

サシバ

110925サシバ0a  

サシバ

関門海峡を渡るのは主にハチクマだが、サシバも時々渡って行く。ハチクマに比べると数はぐっと少なくなる。

彩雲

110924彩雲0a  

彩雲

今日もハチクマの撮影に行ったのだが、観察地点を通過する数が少なく、ほとんどお手上げの状態であった。そんなとき、空に彩雲が出現した。雲が虹色になる現象である。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム