またまた失敗

120926ハチクマ_09  
ハチクマ

 

またまた失敗をしてしまった。今度は露出の失敗である。露出をマニュアルで設定していた。ハチクマが次々に飛んで来たので、写すのに夢中になり、マニュアルで設定していたことを忘れてしまい、そのまま写してしまった。その結果、ひどい露出不足になってしまった。気が付いたのは、30枚ほど撮り、画像を再生したときだった。「なんじゃあ これ。」液晶画面が真っ暗で、何が写っているか全く分からなかった。でも、RAWで撮影していたため、現像段階で補正をすると、普通に見られる画像になった。それが上の写真である。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ハチクマの渡り

120926ハチクマ_39  
ハチクマ

 

ハチクマの渡りを撮影するために、北九州市門司の風師山に行った。本州を通過してきたハチクマが、関門海峡を渡り九州へと入って来る。ここは、九州の玄関口になる。この日は、一日で約600羽が渡って行った。そのうち9時から10時の間に約300羽の半数が通過した。次から次へとやって来るという密度の濃い渡りが見られた。朝一の渡りのため、低い位置を飛んでくれた。秋らしい天候に恵まれ、青空にハチクマの渡りが見られ、胸がすく思いであった。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

作品展のお知らせ

案内状(裏)8  

 

1.会  場  飯塚市歴史資料館
         〒820-0011 福岡県飯塚市柏の森959-1
         ℡0948-25-2930
         駐車場あり(無料)

2.開催期間  2012年10月4日(木)~15日(月)
          9:30~16:30
          休館日 10月9日(火)

3.入館料 大人220円 高校生110円 小人50円

野鳥の一瞬の動きを撮った写真に書を添えて、一つの作品に仕上げ、全7点を展示する。
書は、元小学校教諭の上杉氏に書いて頂いた。
構想から1年半かかり、ようやく皆様に見て頂けるようになった。
「最寄りの方は、ご観覧をお願いします。」


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

エゾビタキ3

120921エゾビタキ_09  
エゾビタキ

 

エゾビタキは、体の色が灰色で大して目立つ色もない。でも目の周りに白いアイリングが入り、とてもかわいい鳥である。良い場所に止まってくれた。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

エゾビタキ2

120919エゾビタキ_04  
エゾビタキ

 

アカメガシワの実を口に放り込んでいるところ。シャッターチャンスは良い。残念ながら目と実がぶれてしまっている。シャッタースピードが1/500秒では、動きを止めきれなかった。

エゾビタキ1

120925エゾビタキ_04  
エゾビタキ

 

エゾビタキも渡りの途中である。南下の途中、英彦山にたちよったようである。アカメガシワの実が大好物のようである。この実を食べ栄養補給をし、旅へ立つ。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

派手な花火よう

120924ヒガンバナ_05    
ヒガンバナ

 

群生しているヒガンバナを真上から撮影した。まるでど派手な花火である。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム