水滴が輝くホトケノザ

141026ホトケノザ_13   
ホトケノザ

 

逆光でホトケノザを捉えると水滴が輝き出した。

ホトケノザ

141026ホトケノザ_11   
ホトケノザ

 

最近、日中と朝との気温差が大きく、10度を超える日がある。夜中から早朝によく晴れると、放射冷却現象が起こり、地表には露が降りる。このような日に、田んぼに出かけると、草花に露がたっぷりと着いている。この日も、ホトケノザに無数の露が着いていた。まるで真珠の輝きである。

コスモスのクローズアップ

141023コスモス_16   
コスモス

 

コスモスをクローズアップした。水滴がキラキラと輝き、玉ボケになった。

コスモス

141023コスモス_08   
コスモス

 

雨が降った翌日に、水滴が着いてるのではないかと近くのコスモス畑に出かけた。日向と日陰を利用して、一輪のコスモスを撮った。やさしい光の中のコスモスが撮れた。


ハイタカ渡る

141019ハイタカ_05   
ハイタカ

 

10月下旬は、ハイタカの渡りの時期でもある。ハイタカは、小型のタカでハトくらいの大きさである。動きが素早い。


すじ雲

141019すじ雲_04   
すじ雲

 

タカの撮影は、空を眺めていることが多い。そんな時に、形の良い雲に出会うことがある。ついつい上空にレンズを向けたくなる。今回も、形の良い雲に出現した。すじ雲である。秋晴れの真っ青な空に、刷毛ではいたような白い雲が現れた。すじ雲は巻雲と言い上空5000メートル以上のところに現れる。秋を感じさせる雲である。

頭上のノスリ

141019ノスリ_22   
ノスリ

 

頭上にノスリが飛んで来た。下から見上げるようにして、手持ちのレンズ、70~300ミリで撮った。ノスリの特徴が良く出ている。なお周りはトリミングをした。


プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム