タチツボスミレ

170423タチツボスミレ_016  
タチツボスミレ

 

先日、英彦山の深倉峡に野草を撮りに行きました。渓流沿いにタチツボスミレが良い場所に咲いていました。水面の反射を画面に取り入れて撮ってみました。APS-Cサイズのカメラに60ミリのマクロレンズを付けて撮りました。最近、野草の接写は手持ちで撮ることが多くなりました。微妙な撮影位置を探るのに良いからです。手持ちで接写をするとブレ易くなるので、ブレを防ぐように最大限気を付けています。


フデリンドウ

170423フデリンドウ_001  
フデリンドウ

 

先日、英彦山の深倉峡に行った時、日当たりの良いところにはフデリンドウが咲いていました。フデリンドウの青紫がなんといっても美しい。APS-Cサイズのカメラに60ミリのマクロレンズを付け、低い位置から撮影してみました。本日撮影した写真ではありません。

奇岩

170423深倉峡_011  
奇岩

 

英彦山の深倉峡は奇岩が多いです。まぶしいほどに緑に覆われた奇岩を狙ってみました。光の当たり方も良く、陰影ができ立体的に撮れたのではないかと思います。


まだまだ桜

170423深倉峡_007  
山桜

 

まだまだ場所によっては桜が楽しめます。英彦山の麓、深倉峡から見える山には、山桜が満開のところがあります。

まだ桜は残っていた

170423深倉峡_004  
山桜

 

英彦山の麓、深倉峡を歩いてみました。平地ではすっかり桜は散り、緑の葉が茂っています。しかし、山では、まだまだ山桜が咲いていました。

新緑

170410新緑_003  
新緑

 

桜、桜と言っている間に、山では木々の芽吹きで新緑が美しくなってきています。先日、英彦山に行ったとき、いつもなら通り過ぎていくところでしたが、モミジの新緑が美しく、思わず車を止めシャッターを切りました。
なお、4月4日から15日まで宗像ユリックスで野村芳宏写真展「英彦山の自然と野鳥」を開催していましたが、無事に終了したことをご報告させて頂きます。ご来場、大変ありがとうございました。


山桜

170410山桜_001  
山桜

 

先日、英彦山の麓の深倉峡に出かけた。平地では、ソメヨシノガがすでに満開。それで、深倉峡の山桜の開花具合を見に行きました。ところによっては5分咲きといったところでしょうか。帰り際、車の中から雲にかすむ桜が目に留まった。雨が降っていたので、傘をさしての撮影となりました。


プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム