北海道シリーズ6

170703ノゴマ_011
  

ノゴマ

 

コムケ湖の次は、道の駅かみゆうべつ温泉から約45キロメートル、車で約1時間のワッカ原生花園に行きました。今年行った原生花園の中で一番鳥が多いように感じました。ワッカ原生花園は、サロマ湖畔にあり、ネイチャーセンターの施設もあります。サロベツ湿原ほどではありませんが、観光バスに乗って団体客も来ます。また、観光用の馬車もあり多くの方が利用しています。観光客が来ると撮影には不向きなので、観光客が来る前に撮影することにしました。3時起床、5時撮影開始です。ネイチャセンターは8時開館ですので、5時から8時頃までは撮影できます。さすが、この時間帯は観光客はいません。
ワッカ原生花園でノゴマに出会いました。北海道では、ノゴマはいたるところにいます。北部九州では、渡り途中、ほんの短い期間だけしか見ることができません。だから、珍しい鳥でもあるし、憧れの鳥でもあります。ノゴマは、目立つ枝先に止まりよくさえずるので、目立つ鳥です。エゾノシシウドに止まってさえずっているところを撮りました。のどの赤色、背景の青色、そして草の緑色、色の三原色です。

コメント

非公開コメント

ホオアカ(コバイケイソウ)・ノゴマ(エゾシシウド)ほんとに美しい写真ですね。楽しく見せてもらっています。✨

中川様へ

中川様へ
コメントありがとうございます。
写真を楽しんで頂き嬉しく思います。
これからもアクセスをよろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

中川様へ

北海道の写真を毎回見て頂きありがとうございました。
ある程度納得ができる写真は、そう簡単には撮れないので、
どうしても枚数が減ってしまいます。
それで、大変申し訳ありませんがこれで終わりになります。
それに、写真展の予定はありません。
今後もブログのアクセスをよろしくお願いします。
野村より
プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム