北海道シリーズ7

170703ノビタキ_035  
ノビタキ

 

ノビタキは、北海道では普通に見られる野鳥です。でも、そのノビタキがなかなか撮ることができずに、内心焦りがありました。やっとワッカ原生花園で撮影できそうなノビタキに出会いました。しかも2家族です。どちらの家族も巣立ちが近いようで、親鳥が巣立ちを促しているようにみえました。ノビタキのオスは、頭と顔そして背中と尾が黒くなっています。これは夏羽です。ノビタキは旅鳥なので、北部九州でも渡りの途中に見ることができます。ノゴマほど見ることが難しくありません。時期さえ把握しておけば、意外に簡単に見ることができます。しかし、このように真っ黒ではありません。体全体は、メスと同じように茶色です。夏服に衣替えをしたところでしょうか。北海道は、繁殖地なのでオスは派手になっているのでしょう。オレンジ色のよだれかけがとても印象的で、かわいい鳥です。エゾノシシウドに止まったところを撮ってみました。次の日の早朝、同じ場所に行ってみましたが、2家族共すでに巣立った後のようでした。無事に巣立ちができて良かったです。ノビタキが撮れてほっとしました。

コメント

非公開コメント

こちらも素敵な1枚、想い描いた1枚の絵画のようです✨

なかがわ様へ

なかがわ様へ
いつもブログを見て頂きありがとうございます。
ノビタキはかわいいです。

プロフィール

ynom

Author:ynom
2008年の3月に早期退職をし、現在フリー。野鳥・野草・風景など自然を被写体として撮影している。主に九州で活動している。日本野鳥の会筑豊に所属している。また、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム